カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
陶芸家・宮良断氏による緑の陶器の壺に石垣島ラー油パックをお付けしたセット商品です
壺ラー油 緑(石垣島ラー油パック付)
3,900円(税込) 〜 7,200円(税込)
各オプションの詳細情報
サイズ
購入数

壺ラー油 緑(石垣島ラー油パック付)
3,900円(税込) 〜 7,200円(税込)
八重山で古くから用いられる釉薬の発色を生かした緑の陶器の壺


「アンパル陶房」の陶芸家・宮良断氏による緑の壺に石垣島ラー油パックをお付けしたセット商品です。
サイズは大と小をご用意。各々に100gと200gの石垣島ラー油パックが同梱されます。
専用箱に入れてお届けいたします。


石垣島ならではの陶磁器を内外に発信する陶芸家・宮良断氏。石垣島の素材を生かしながら新しい作陶にも取り組んでいます。


半農半陶の暮らしをしながら、石垣島の名蔵湾を見おろす高台にある「アンパル陶房」で作品作りに励む様子。右の姉の宮良ゆうな氏も陶芸家。お互いの存在が刺激になるそうです。


壺が形づくられ、乾燥中のラー油壺。この後に塗られる釉薬には石垣島産の原料を使用しています。


壺の中と底の様子。底には石垣島と断氏、ペンギンのマークが入っています。


海人がウキに使っていたびん玉の保護網の編み方を応用して、壺を編んでいます。
結び目の赤いアクセントは島とうがらしの飾りです。




石垣島は焼き物の原料が豊富で、磁器の原料である「陶石」や、釉薬に使う「長石」など、琉球王朝時代より「貴重な原料が眠っている島」として、陶工たちに注目されてきました。
この緑の壺は釉薬に石垣島の長石や灰などを合わせて、緑に発色させています。


キッチンや食卓にもしっくり馴染むマットな質感です。

【色やサイズについて】
壺は一つ一つ手づくりのため、商品により大きさや形、色味などが多少異なリます。予めご了承くださいませ。
<壺のサイズ(目安)>
本体直径×フタ直径×高さ(mm)
・大 110×100×95
・小 85×75×80
※手作りの為、商品によりサイズが多少異なります。

◆商品詳細
商品名:辺銀食堂の石垣島ラー油
名称:調味料
原材料名:菜種油(国内製造)、唐辛子、ゴマ油、ニンニク、黒豆(大豆)、食塩、ゴマ、山椒、オリーブ油、島唐辛子、黒糖、ヒハツモドキ、ウコン、胡椒
内容量: (小)100g、(大)200g
賞味期限:未開封で製造日より1年間。開封後はお早めにお召し上がりください。
保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保存してください。
栄養成分(100gあたり):エネルギー 802kal、タンパク質 2.9g、脂質 84.9g、炭水化物 9.0g、食塩相当量1.3g
※表示値は目安です
製造者:株式会社ペンギン食堂 沖縄県石垣市大川288-5
この商品を購入する