カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
陶芸家・宮良断氏による黒い陶器の壺に石垣島ラー油パックをお付けしたセット商品です
壺ラー油 黒(石垣島ラー油パック付)
3,900円(税込)
39 ポイント還元
壺ラー油 黒(石垣島ラー油パック付)
3,900円(税込)
39 ポイント還元
石垣島産原料の釉薬を使用した、凹凸のある珍しい質感の黒い壺


「アンパル陶房」の陶芸家・宮良断氏による黒い壺に石垣島ラー油100gパックをお付けしたセット商品です。専用箱に入れてお届けいたします。


石垣島ならではの陶磁器を内外に発信する陶芸家・宮良断氏。石垣島の素材を生かしながら新しい作陶にも取り組んでいます。


半農半陶の暮らしをしながら、石垣島の名蔵湾を見おろす高台にある「アンパル陶房」で作品作りに励む様子。右の姉の宮良ゆうな氏も陶芸家。お互いの存在が刺激になるそうです。


壺が形づくられ、乾燥中のラー油壺。この後に塗られる釉薬には石垣島産の原料を使用しています。


まるでアボカドのような不思議な質感と手触り(※個体差がございます)


壺の中と底の様子。底には石垣島と断氏、ペンギンのマークが入っています。


海人がウキに使っていたびん玉の保護網の編み方を応用して、壺を編んでいます。
結び目の赤いアクセントは島とうがらしの飾りです。




石垣島は、焼き物の原料が豊富で、磁器の原料である「陶石」や、釉薬に使う「長石」など、琉球王朝時代より「貴重な原料が眠っている島」として、陶工たちに注目されてきました。

この黒壺の釉薬は石垣島の長石に海岸から集めてきたマンガン等を調合したもので、沖縄では「クルグスイ(くろぐすり)」として、親しまれてきた釉薬です。

300年ほど前の八重山焼の窯元では、黒釉の器(特に酒器)が盛んにつくられており、窯跡の発掘資料の中にも黒釉の掛かった陶片が多く見つかっています。

この壺から石垣島の伝統釉の味わい深さを感じ取っていただけたら幸いです。





【発送について】
壺ラー油にお付けしますラー油をできるだけ新しいものでお届けするために、決済確認後(代引きは除く)製品化作業を行います。そのため確認後、発送までに2〜5営業日かかります。
また、他の商品もご注文いただいていた場合、壺ラー油の準備が整い次第、まとめて発送させていただきます。
予めご了承下さいますようお願いいたします。


【個体差ついて】
手作りのため、ひとつひとつ大きさや形、色合い、質感などに個体差があります。
手作りならではの表情の違いとしてご理解いただけますようお願いいたします。

<壺のサイズ(目安)>
本体直径×フタ直径×高さ(mm)
・85×75×80


◆商品詳細
商品名:辺銀食堂の石垣島ラー油
名称:調味料
原材料名:菜種油(国内製造)、唐辛子、ゴマ油、ニンニク、黒豆(大豆)、食塩、ゴマ、山椒、オリーブ油、島唐辛子、黒糖、ヒハツモドキ、ウコン、胡椒
内容量: 100g
賞味期限:未開封で製造日より1年間。開封後はお早めにお召し上がりください。
保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保存してください。
栄養成分(100gあたり):エネルギー 802kal、タンパク質 2.9g、脂質 84.9g、炭水化物 9.0g、食塩相当量1.3g
※表示値は目安です
製造者:株式会社ペンギン食堂 沖縄県石垣市大川288-5